暮らしになじむ親しみやすい柄 ソフトな肌触りの生活エンジョイタオル

中村忠左衛門 コレクション-3

綿紗織りタオル

昔は「コットンガーゼ」のことを「綿紗」といいました。
「綿紗織」は、 通気性のよい綿紗と
やわらかいパイルの2種類の手触りを感じられるタオルです。

懐かしい刺し子柄と綿紗織りの心地よさ

明治のかおりを伝える、十字刺し子柄のタオルは、人々の日常生活にさりげなく溶け込み、飽きることがなく愛用されてきました。通気性のいい綿紗、コットンガーゼの柔らかなパイルの感触が、暮らしに優しさとうるおいを与えてくれます。

刺し子柄

日本の伝統工芸のひとつ「刺し子」
布地に糸で幾何学模様などの図柄を刺繍して縫い込む、手仕事のあたたかさを感じるタオル

  • カラー:ベージュ/クロ 2色
  • サイズ:ウォッシュタオル/フェイスタオル/バスタオル

かすり柄

絣(かすり)は、日本の織物の技法の一つで、染め分けた糸を使用して織り上げ、文様を表します。絣模様は今治タオル発祥の基ともなります(イノベーター 中村忠左衛門

  • カラー:藍色/柿渋色 2色
  • サイズ:ウォッシュタオル/フェイスタオル/バスタオル

市松柄

江戸時代の歌舞伎役者がこの柄の袴を履いたことから人気を博し、その後石畳とも称され、市松柄となります。ピンクとグリーンの粋で可愛いタオルです

  • カラー:ピンク/グリーン 2色
  • サイズ:ウォッシュタオル/フェイスタオル/バスタオル
綿紗織りイメージ

綿紗とは

「コットンガーゼ」の明治時代以前の名称です。
綿糸を粗い目で織った綿紗は、通常よりもやわらかくて通気性がよく、 吸湿性にも優れています。
日本の風土に合った、清涼感ある使い心地が人気のひとつです。