世界的建築家による今治タオルデザイン企画-マイケルグレイブス氏と日本のものづくり 中忠タオルとのコラボレーション

マイケルグレイブス

アメリカの建築家、プロダクトデザイナー、画家、大学教授と四つの顔をもつマイケルグレイブスは、現代のミケランジェロと呼ばれてきました。
オフィスビル、ホテル、高層住宅など、彼の建築作品はアメリカ、日本の他、世界各地にあまた点在し、またドローイングや、プロダクトデザインはニューヨークのメトロポリタン美術館、近代美術館に常設展示されています。
彼はそのデザインの秀逸性により、The AIA Gold Medal、the Driehaus Prizeと The National Medal of the Arts など多くの権威ある賞が与えられています。また、最近のJCPennyのための一連のプロダクトデザインは、クラシカルなフォーム、現代の素材、完璧な機能性が美的にブレンドされた、素晴らしい作品となっています。

マイケルグレイブス タオルデザインイメージ

マイケルグレイブスデザインイメージ1

巨匠のあたたかさと遊び心

マイケルグレイブスの建築ディテールに見られるユーモアと遊び心は、見る人の心を思わず和ませてくれます。
人々の安らぐ場所という、氏の建築哲学の現れです。そのエッセンスをもった親しみやすく、アートフルなデザイナーズタオルが出来るでしょう。

マイケルグレイブスデザインイメージ2

力強い躍動の美しさ

古代の神殿や列柱を思わせるグレイブス氏の作品には、人間的な歴史ロマンと同時に動的な美しさがあります。
このシャープな躍動感を、例えばアスリートのためのタオルに生かすことも面白い試みでしょう。

マイケルグレイブスデザインイメージ3

洗練されたグリッドとグレイブスカラー

クラシカルな温かみをもつグレイブス氏の建築にあって、伝統的なグリッドデザインが現代的に洗練されて使われています。そしてそれは、マイケルごのみとも言うべき味わい深い色によって、一段と魅力的な空間を創り出しています。この色とパターンの組み合わせで、他にないおしゃれなタオルが生まれます。